アルミ加工の昭洋精機。V33を使って切削加工工程のコストダウンを目指しました。

アルミ加工価格対応事例 その1

B社より、「某社に加工を出していたが、価格があわずキャンセルしたので加工して欲しい」とのお問い合わせが…

某社が提示した切削加工工程の価格は、5,000円以上。当社は、切削加工工程単価として2,400円で応じました。

クライアントのご要望

B社より「某社に加工を出していたが、価格があわずキャンセルしたので加工して欲しい」とのお問い合わせがありました。某社が提示した切削加工工程の価格は、5,000円以上。
B社が依頼した部品は、切削加工の後のバフ研磨を必要とするため、加工面の品位を高くしなければなりません。また、たくさんのコーナに0.5R・0.3Rなどがあり、Ф1Ф0.6の径のエンドミルを使わなければ加工できない“一部に3次元形状がある部品”でした。
当社では、この部品を切削加工工程単価として2,400円、バフ・表面処理などを含めて2,950円で受注しました。

加工内容

当社では下記の理由により、牧野フライス製 立型マシニングセンタ V33を使うことにしました。

  1. V33は主軸回転数が30000mm-1・2面拘束の高速マシニングで、小径の刃具でも高速で切削加工ができる。
  2. 切削加工の後はバフ研磨が必要(加工面の高品位が求められる)なため、2次元・3次元加工において、加工面の品位がよいV33が適する。

V33

まず、CAD CAMでNCデータを作成。切削条件として、V33の最高回転を維持し、切削送りは3000mm/min以上に設定。CAM上で何度も加工シミュレーションをして、加工時間を算出し、効率のいいNCデータを作成しました。小径の刃具は振れを極力なくし、剛性をもたせるためにヤキバメコレットを使いました。
また、徹底的にマシニング上で角の面取りをおこない(3次元形状の角もCAM上で0.1R程度のフィレットをはり、CAMにわたして3D面取りのNCデータを作成)、バリを出さないようにしました。

以上の対策によって、切削加工工程単価は2,400円以下を達成。
また、徹底的にマシニング上のバリ取りをおこなったことで、バフ研磨工程の省力化にもつながりました。

興味をもたれた方は、お気軽にお問い合わせください。 また、お見積りフォームよりデータを添付し、ご送付いただければ追って正確なお見積りをお出しいたします。


アルミ加工の昭洋精機のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
ご意見、疑問など、お気軽にお問い合わせください。

お電話、Faxでのお問い合わせもお待ちしております。
全国どこからでもお気軽にお問い合わせください。

Tel:0428-31-9861/Fax:0428-30-0582 営業時間 8:00〜19:00
定休日:土曜、日曜日/担当:山野

お問い合わせ お見積り

アルミ加工の昭洋精機 ページトップへ戻る


お問い合わせはこちら Tel:0428-31-9861 Fax:0428-30-0582 アルミ加工の昭洋精機