アルミ加工の昭洋精機。3次元測定器で測定。品質の高さを保証します。
HOME > アルミ加工事例 > アルミ加工技術対応事例 

アルミ加工技術対応事例 


アルミ加工技術対応事例 当社は、CAD CAM・CATを積極的に運用しています。
お客さまよりいただいたデータは、直接 CAM(6台)に取り込み、高品質のNCデータを作成。最新の高速マシニングで加工しています。測定は、3次元測定器(3台のうち1台はCAT)でおこなっているので、品質の高さは保証いたします。

アルミ加工技術対応事例その1 

M社より「A部品とB部品を一緒にした部品が欲しい。他社で、NC旋盤加工とマシニングで加工していたが、位置精度が悪いのでお願いしたい」とのお問い合わせが…

3D CADを使って、A部品とB部品を一緒にした部品をモデリング込みでの加工で、お引き受けいたしました。

アルミ加工技術対応事例その1

アルミ加工技術対応事例その2

大手O社より「他社で加工したが、なかなか良品ができないし、納期も守れていないので、何とかして欲しい」とのお問い合わせが…

医療器関係の部品で、加工ばりなどは厳禁。加工面の位置関係も厳しい、複雑形状の品物でしたが、納期2日前に納品しました。

アルミ加工技術対応事例その2


アルミ加工の昭洋精機のホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。
ご意見、疑問など、お気軽にお問い合わせください。

お電話、Faxでのお問い合わせもお待ちしております。
全国どこからでもお気軽にお問い合わせください。

Tel:0428-31-9861/Fax:0428-30-0582 営業時間 8:00〜19:00
定休日:土曜、日曜日/担当:山野

お問い合わせ お見積り

アルミ加工の昭洋精機 ページトップへ戻る


お問い合わせはこちら Tel:0428-31-9861 Fax:0428-30-0582 アルミ加工の昭洋精機